今回は、ついに投資を進める上で大切な、業者選びについて聞いていきましょう。大きい投資内容であること、すぐに行けない海外でのことを考えると、詐欺もあるのではないかと心配になります。

カンボジアについてもおさらいしておきましょう。
日本に住んでいるとあまりイメージの良くないカンボジア。過去に政情が不安定だったことや、地雷についてのニュースを覚えていらっしゃる日本人の多いことが挙げられました。
都市部ではもう地雷の心配はないものの、電力事業がまだ整っていないために、日本の企業があまり進出していないこともあります。そのため、あまり新しいニュースが入ってこないということもありました。
電力については、日本や海外からのODAという政府からの支援によって、整いつつあります。投資の対象としてはそこに目をつけ、早い段階で新興国であるカンボジアに投資することが、将来的に実を結ぶのではないかと考えられます。
20年前のタイを思い返したとき、また、中国の深セン。その時点で投資していれば、今ではどうなっていたかは想像がつきます。これからはカンボジアが来るのではないかと予想されます。

また、カンボジアは米ドル経済。これからの日本は少子高齢化社会がまだまだ続くと思われ、円だけでの資産形成には不安があります。米ドルを効率よく増やす仕組み作りの1つとして、カンボジアの不動産投資が考えられました。

さて、カンボジアという新興国に目をつけ、投資対象として考えた場合、どのような業者を選べばよいのでしょうか。インタビューの続きを弊社の松本部長に聞いてきました。

実際に投資を始める上で、注意する点はありますか?

松本カンボジアについて、まだまだ日本では情報が少ないのが現状です。もちろんカンボジアに詳しい業者に頼むのが現実的です。業者を選ぶ上でのポイントは大きく2つあります。

1つめは、日本とカンボジア現地、両方に拠点を持つ会社であること。

カンボジアの物件を紹介するのに、カンボジアに拠点のない業者さんもいるのですか?

松本国内の企業で、日本には拠点を持っていて海外の投資物件を紹介することも可能なので、拠点がなくてもご紹介することができます。しかしながら、

現地で実際に住んでいただくお客様へのアピール、
転売するときはどうするのか、
物件は実際に誰が管理しているのか。

ざっと浮かんだだけでも、このようにたくさんの不安材料があります。

海外に拠点のない業者さんは、どのようにしているのでしょうか?

松本現地の業者に丸投げしているケースがほとんどです。また、実は逆もあります。海外のみに拠点があり、日本には拠点のない場合。そうなると、何かあった場合に連絡が取り辛く、対応が後手後手になる可能性があります。

安心して任せる上で、日本と現地のどちらにも拠点を持つ会社を選ぶということは、1つの目安になりますね。

松本2つ目は、宅建の資格を持つ、不動産取引のプロであることが業者選びのポイントです。

素人が考えるに、資格のない業者がいることがまず驚きです。

松本ブローカー、バイヤーと呼ばれる業者のなかには、個人業者、会社にかかわらず、宅建の資格を持っていない業者もあります。実は、資格がなくても不動産取引だけなら法律上問題がありません。

資格を持っていない業者ですと、何かデメリットがあるのでしょうか?

松本もちろん知識の問題もあります。不動産管理のプロに任せるのは安心であることはもちろんですが、他にも理由があります。宅建業者というのは、法務局に供託金と呼ばれるものを支払っています。そのため、何か問題が起きたときに、業者が補填できなくても、法務局から補填してもらえる場合があるのです。

なるほど。そんな制度になっているとは知りませんでした。公的に認められている方にお願いしたいです。

松本ここからは、宣伝になりますが、当社ではすべての基準を満たしております。

カンボジアの中心部で営業していること。
日本はもちろんですが、カンボジアにも日本人スタッフが駐在しております。
日本人だけでなく、カンボジア人のスタッフも雇っておりますが、全員日本語で対応できます。

歴史的にも、日本で創業しまして30年。創業以来、高品位で信頼いただける、安全な取引サービスを提供してまいりました。

加えて、センチュリー21加盟店のうち、

  • 湘南地域店舗 第1位
  • 神奈川県加盟店ランキング 第2位

といった実績を積み上げてきました。日本で培ったノウハウをカンボジアに持ち込んで、現地事業を展開しております。

投資家としては、よくわからないものに投資するのはとても危険です。カンボジアという国をよく知ること。その物件についてよく知ること、管理について知ること、自分の投資対象を安心して任せられる業者を探すことはとても重要であることがわかりました。

「カンボジアという国を好きになれるかどうか。これも投資に際して重要な考え方のひとつです。
投資に情は必要ないと考えられる方もいらっしゃいますが、投資先を理解し好きになることで、よりご自分の投資に敏感に関わり、利益の出る長続きする投資ができるのではないでしょうか。
ぜひ1度カンボジアにお出かけになって、実際に投資対象としてふさわしいのか、ご自分の目で確かめていただくことをおすすめします。
現地での視察案内、
宿泊先などの斡旋、
口座開設のサポートまで当社で行っております。」

実際に投資する前に、もっとよく調べ、実際にカンボジアに視察に行くのがおすすめです。