アクレダ銀行について、ご説明いたします。

カンボジア・アクレダ銀行は、1993年に国連開発計画(UNDP)と国際労働機関(ILO)による所得向上・雇用創出のためのプロジェクトとして、中小零細企業を支援するNGOとして設立されました。

2000年10月に専門銀行に移行し、2003年12月には本格的な商業銀行としての免許を取得。
2010年には、カンボジア最大の銀行として税引き後利益、支店数、ローンポートフォリオ(23.2%)、貯蓄 (22.3%)、払込資本金、総資産等の全てにおいて、金融界のリーダー的存在になりました。今では、カンボジアの経済を引率していく地位を確立しています。

アクレダ銀行

設立 1993年
本店所在地 #61, Preah Monivong Blvd., Sangkat Srah Chork, Khan Daun Penh, Phnom Penh, Kingdom of Cambodia
拠点網 カンボジア252拠点、ラオス41拠点、ミャンマー6拠点(2014 年7月末現在)
総資産 約2,400百万米ドル(2013年末)
上場 非上場
代表者 イン・チャンニー(In Channy)プレジデント 企業サイト www.acledabank.com.kh

筆頭株主は三井住友銀行

2014年9月、三井住友銀行が約100億円を投じてアクレダ銀行の株式12.25%(現在は18.25%)を取 得し、筆頭株主になりました。

また、オリックスが同様に12.25%を保有しており、実に3分の1の株式 を日本の企業が保有していることになります。

アクレダ銀行の魅力は何と言っても、高金利の米ドル定期預金です。

5年定期の金利は年6.5%と非常に高 く、11年間の複利運用によって、元金が約2倍(※税引き前)となる計算です。

アクレダ銀行の定期預 金は、預け入れた時の金利が満期日まで適用される固定金利定期預金です。 この米ドル高金利という好条件のアクレダ銀行の定期預金を、是非ご自身の資産運用の一つに取り入れられてみてはいかがで゙しょうか。

アクレダ銀行での資産複利運用例

■100,000USDを金利6.5%の5年定期預金に預けた場合 ・ 5年後 → 137,008USD
■5年後、146,500USDを再度5年定期預金に預けた場合 ・10年目 → 187,712USD

※本来は、カンボジアにおける源泉徴収税(インカムゲイン税)として利子に対し14%の税金が掛かります。

アクレダ銀行の特色とは

  • 高金利な米ドル定期預金
  • 海外送金可能なインターネットバンキングの利用が可能 ・デビットカードの発行が可能。世界中の加盟店で使え、また現地のATMで現地通貨にて引き出しが可能 (制限・手数料有り)。
  • 日本ではセブン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM等で利用可能
  • 普通預金の金利も年0.5%と、日本国内銀行(例0.001%)に比べると約500倍の金利
  • ドル、リエル、バーツ、3種類の通貨で口座を選択可能 ・法人口座・共有名義口座も開設可能(お問い合わせ下さい)

海外からの郵送によるお届けですと、万が一のことがあります。当社では、海外担当者がほぼ毎月カンボジアと往復しておりますので、その際に日本まで責任を持ってお預かりしております。
日本到着後は、レターパック等の追跡可能な郵送方法にて、お手元までお届けさせて頂いております。

更に、これまで、通常普通預金口座から定期預金口座への資金移動については、インターネットバンキングで行うことが出来ませんので、直接本人が窓口に伺う必要がありました(代理人不可)。

しかしながら、当社経由にて口座を開設いただいたお客様は、アクレダ銀行側にご登録いただいたメールアドレスを使用することで、普通預金口座から定期預金口座への資金移動指示をお出し頂くことが可能です。

これによって、日本に居ながらカンボジアの銀行から日本へ送金、日本からカンボジアへ送金、カンボジアから日本以外の国へ送金、普通預金から定期預金への資金移動といったほぼ全ての操作を行うことが可能になりました。

アグレダ銀行口座開設方法(体験記)